• Go

人間の脳と風の時代へのアップデート


めっきり秋らしさが深まったこの頃。更新にかなり間が空いてしまいました。


さて、先日松ぼっくり拾いをしました。松の木の多い公園に行って、ゴミ袋がしっかりふくらむまで、黙々と拾いました。これは、天然の着火剤として、サロンの薪ストーブに使いたいと思います。サステナブルな自然材料、なんかいいですね。地球にとって、循環できるものだから、ありがたいです。


今日は、人間の脳のお話を少しさせていただきます。

人間の脳は、判断や比較、善悪、罪悪感、無価値感・・・などにとても囚われていて、とても不自由にできています。


思考力を授けてもらった生き物ですが、脳が不自由にできているといったことから、この脳の使い方をネガティブに引っ張られないようにしたいところです。そして、ネガティブな脳に囚われている自分に気がつくことが大切です。脳の作り出したマトリクスに気づくことができるかどうかが鍵です。もう、知らず知らず、フィルターや色眼鏡を通して世界を見ている自分に気がつくことが大切です。かく言う私も、まだまだフィルターがあります。


脳って、

「みたいものを見る、見つける」

のです。


この車が欲しいなーと思えば、運転中はその車が目に入るようになります。

この人のこんなところが嫌だなーと思えば、嫌なところばかり目に付きます。


そして、全てのそんな出来事の発端は、ご自身の中にあります。ご自身の中のものが、そのようにして目の前に映し出されるのです。


この世は、ご自身の投影とも言われています。



ですから、ご自身の思考の周波数に気がつく、意識的になることは大切だと思います。そして、思考ばかりに傾倒するのではく、「フィーリング」を大切にしていくことが大切です。

だって、思考は不自由にできているのですから。フィーリング、感覚を大切にしていく。

そうすることで、新しいものが創造されると言うのです。


「なんか違うな」と思った時、

脳は「〜のためには我慢しておいた方がいいな」

「自分が悪いから、仕方ないよな」

などなどの理由を作り出します。

でも、そんな時、フィーリングを大切にするのなら、ご自身を抑圧することもないのです。

ご自身のフィーリングを大切にして、何かを変えることができます。我慢して抑圧する自分を作り上げず、ご自身を大切にできることもあると思います。

そして、何が違うと思うなら、何かをプラスして少し調整したり変えたり、適合させたりすることもできるのです。


風の時代、「シェアや共有」「調和的な時代」「行動の時代」「フィーリングの時代」などと言われます。我慢や競争、独占、抑圧の時代である土の時代はもう終わったのです。


ご自身の生き方も、新しい時代に向けて、アップデートしていきたいですね。



閲覧数:11回0件のコメント